水槽

プチ水槽センター

水槽の大きさ

水槽のサイズには一尺(約30センチ)の倍数となる規格が主流ですが、その他にもいろいろなサイズがあります。まずは購入の前に置く場所を決めて、置くことのできる水槽の大きさを確認しておくことが大切です。

小型水槽

規格では60センチ以下の水槽です。とても扱いやすく、置き場所にも困りません。セットも掃除も簡単なので、特に初心者の方にオススメです。極端に小さな水槽では水が傷みやすかったり、水温が急変しやすかったりと、長期の飼育が難しい場合もありますが、5リットル以上の水槽っであれば、お魚とエサを入れすぎない限り、まず問題はありません。

中型水槽

古くから観賞魚を生業としている方からは120センチ以下の水槽を中型水槽として話されるのも耳にしますが、現在では90センチ以下の水槽を中型水槽とする場合が多いようです。器具類などが充実していて、コストパフォーマンスの良い水槽です。ただし、小型水槽に比べて急激に重くなりますので、取り扱いや設置場所には注意を要します。

大型水槽

一般に120センチ以上の水槽を大型水槽と呼ぶ場合が多いようです。30センチ以上の熱帯魚を飼育するのに適した水槽です。熱帯魚の中には飼育下でも2メートルを超える種類もいますので、大型魚を購入する前には、くれぐれも将来のことを想像してから決断する必要があります。